父の日…(笑)

アクセス、0!(笑)

いいんですよ。父の日のために、実家の父に肌着をネットで送りました。
・・・うちのパパはデブです。気付いた頃から、デブです。愛しい父に以前から愛用のハズのグンゼの下着を一万円位送りましたら…

合わなかったらしく、パパ!太りすぎだよ!涙目で笑っちゃった。

次の日、パパが(←パパといっても 70越えてます)その送った合わなかった下着の未開封のものをわざわざ持ってきてくれて、返品出来るなら返品しなさいと、「手数料だ」と5000円くれた。


ほんと、私って
ダメな娘なんですよ。パパには、私より先に死んだら許さないとか言うし
メチャクチャです。

グンゼにサイズがなくても今、ネットで探すことが出来ます。BVDに5L、6Lの肌着がありましたので送り直しました。

昔はイギリスからブリーフ派のパパに個人輸入してたのに
便利な世の中になったわ、いや本当に。

父の日に何…わざとらしい?

ノンノン。当たり前に居てくれる父にズバッと愛を伝えるの。物じゃない、パパ
愛してる。
みたいな。

働く意味。

結婚した相手が自営業者だった。
しかし、常にお金はないです。(笑)

主人が店を1から出して、
紆余曲折あり、
現在20年目の「自営飲食店」です。地方の自営飲食店の状況は厳しい。
ま、それはさておき、私は新婚当初から自動的に店を手伝うようになりました。
お店を仕切るのは、私より歳上のバイトさん。そこに「奥さん」という特権も優遇もありません。



さあ、どうします。どうしたでしょうか?

自営業者の奥さんだからといって「指示する立場」を手に入れるまでは、何が何でも店に出続ける
しかないと当時は思いました。仕事内容も商品説明も常連さんの顔もわからない人間に、居場所などないからです。

とにかく、毎日毎日、いじめられても
出続けました。

それでも、全然進歩しない。

お金の計算もバイトさんがやってて、居場所もない。


だから主人に、「お金の計算と管理は私にやらせて」

とたのみ、そのようにしました。

今となっては、もっとうまく人を使うようにあんなに、対抗しなくてもよかったのかな、と反省しますが、
当時は20代だったので
まあ、仕方ない。(笑)

コインランドリー今昔。

f:id:suginamijj:20170527182036j:plainf:id:suginamijj:20170527182056j:plainf:id:suginamijj:20170527182117j:plain

こんにちは。働く女性の皆さん。コインランドリーをお使いですか?
自宅近くのコインランドリーのお写真です。

初めて行った時、使い方がわからない、どのボタンを、どう押すのかさえわかりませんでした。

そして、バブルな時代に大学生だったにも拘らず、貧しかった自分のコインランドリーのイメージは、あまり良くはなかったの。

現在のコインランドリーをたまに使用しています。
自宅にベランダはありますが、中学、大学二人の王子たちの出す洗濯物の量は、半端ない。

すごい。コインランドリー、すごい。
時間をお金で買う感覚で使います。

昔は…いやいやいや、昔は昔。

助かります。コインランドリー。

すごく急いでいて手が回らないときに活用すべき。
なんでも洗えます。チェキラ♪